プロフィール

flatol

  • Author:flatol
  • 電子はいいよ!やつらはあんまり裏切らないよ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豆知識】カーナビって

最近のは道交法何とかのおかげで、ブレーキ信号拾って入力しないといろんな操作が規制されてるんですね。とはいえ、うちにある車がどこに信号線あるのかわからなかったから、ディーラー行って配線図もらってきた。で、出た結論はテレビは運転席から見るもんじゃないしGNDにXXすればいんじゃね。

みんな、こんな感じなんですかね?
スポンサーサイト

自分のやってる研究

日本国内どこの組織もやっていないことが判明。
というか、日本語がない。うえ~ん。

英語を読めと?
背景とか考えるのまじだるいよ~
でもセンシングの背景だからそこまででもないか・・・

似たようなものを探しに行こう。

予定

人生計画 intel assembler

mov A,[NAIST]
cmp A,0x01
jz go_naist
mov A,[UEC]
cmp A,0x01
jz go_uec
mov A,[CYPRESS]
cmp A,0x01
jz go_cypress

go_naist:
jmp continue
go_uec:
jmp continue
go_cypress:
go USA

continue:

わかりづら・・・

学長に交渉

このままだと大学が腐っていくので学長に改善方法をあげてみた。

返ってきたのはこれ

ご意見ありがとうございます。
大学というところはとても慣性が大きく意識改革も
容易ではありません。おっしゃっていることは十分に
理解できますので、頭に留めさせていだたきます。

理解したのなら少しでも動きませんかね?
これって、「君の意見は却下します。」だよな。
二年前はこの人もまだ使える人だったのに、何が彼を
腐らせたのだろうか?
学長になるとくだらないしがらみが一段と増えたのかね。

ま、ここで引いたら負けなので再アタック!

反響あるので送ったメールも続きにおいときますw

続きを読む »

勝つことこそ?

すべてなのでしょうか?

自分が勝ったとき・・・そこに何が残るのか。
そして、何に勝つために自分は存在しているのか。
勝ったときに負けた人も同時にいることは多々あるのです。
自分を満たすことは必ずしも最上の選択とはいえないですよ。
大木を支えている根は誰にも見えずそして何も語らない。

自分を飾らずにと自覚しながら生きていきたいと思うものです。
人生負けて当たり前。
そして、それでも向かっていく自分がいるから人生楽しいんだよ。

だから、言いたいのは安定して安全な職業に息子を就けても
仕方がないってことです。
時代が激変しているこの時代に、あなたがすでに生きていないときに
出会う困難に息子は立ち迎えるのでしょうか?
それは、教育次第です。何でもかんでも与えられ挫折を知らない
子供はかわいそうです。

と、みつをさんを久々に読んで感じました。というか自分なり解釈か。
何が何でもかってやるとか、負けん気とか捨て去ってくれますよね。
それが自分をのばすのに、決して最良とは思いませんが骨休めにはいいものではないでしょうか。

garnetcrow公式サイト

http://www.garnetcrow.com/

なんかすっげえなあ

こんな気合い入ったページは初めてですよ。

一般ユーザーに・・・

この

スペックはいるんだろうか。

いるんだろうか・・・

そろそろWM5.0の時代

WindowsMobile5.0がりリリースされ製品が続々投入されつつある。

異色のTreoがすごい気になるのだが、やはり王道のHP-ipaqが気になる。
しかし、このスペックで300ドルってのはすばらしい。早く日本語版出れ出れ!

ipaq-h1950
http://www.engadget.com/entry/1234000190060544/

お酒が・・・

我が家の家系(父方)は基本的に酒に弱い。
そして、徹底的な甘党w

まあ、それはかまわないのだが問題は

配偶者がすべて酒に強い!

それが表すのは何かというと、祖父の家に帰るとやたら飲まされる。上記のように内の家系は基本的に弱いのである(特に男子)。
しかも、一番弱い立場は・・・つがれそうになったら飲み干すという悪習もばっちり身に着けているのでなおさらたちが悪いw

酒さえなければもっと帰ってもいいんだけどなあ。


デジカメ選定

デジカメは選ぶのが非常に難しい。特に画質。

一般に画質をあらわす画素数だけ見てると、必ず泣きを見る。
そしてメーカーも画質しかみないクライアントを知ってるらしく、画素数だけはがんがん上げている。

実際のところの画質はとってみないとわからんもんだが、画素数以外の考えるべき要素として

PD(フォトダイオード)

に如何に光があたるかを指標にすればよいようだ。

つまり

CCDがおっきくて

F値が小さい

とよい。

ちなみに画素がでかいとその分PDにあたる光も減少するので、その辺はトレードオフを考えたほうがいいみたい。

理系にまで・・・

「ようご」がやはりわからんらしい。

日本語化しようとがんばってはいるが・・・

やっぱ、やってる人にとっての常識と一般常識は隔たりがありすぎるんだなあ。

FC2アクセス解析

役に立たん!

訪問回数をクライアントに頼るなや!

じぶんとこで簡単なデータベースくらい持て!

って感想に今日至りました。

芸術家インターンシップ

芸術家が生きていくには何をすべきか?

ということを踏まえ就職体験をしてみる。今回は
少しだけかじったステンドグラスの工房でがんばってみた。

芸術家が資金繰りをするためにはやはり講師しかないっぽい。
よっぽど売れれば別なのだが・・・

ただ、ステンドグラスに関しては一つの作品で数十万から取引されるので結構いけるようだ。しかし、元でもそれ相応に数万クラス以上かかってるので売れなければ悲惨である。受注生産がリスクマネージメントを考えればよいようである。

まあ、なにはともあれ上達はしたかも知れない。


20050922000946.jpg


とはいえ、俺には

芸術家は絶対無理

ついでにこの前のインターンと共通項を考えると「正確さ」である。

無理ばい。性格が正確じゃなかと・・・

TechEdレポート

レポート掲載された。

ここに

さて、何ヶ月もつかねえ?MSのサイトはサイクルが激しいから・・・

ちなみに、かの有名な方の真下です。おそれおおいっすw

コンテストに参加する意義

コンテストに積極的に参加しようっていう案件がGATEのほうにあったけど、これまでいくつかコンテストに参加してきた身として意見を言ってみる。

基本的に、賞を取れるかどうかは提案した内容とか作品が良いからとかに依存するものではないと言うことは参加する前に知っておいてもらいたい。芸術作品とか明らかな数値としてでるようなコンテストだと違ってくるけど、それ以外のものは賞をつけるに当たって表に出てきていないパラメータが多々ある。何度、それで悲劇を被ったかは3回くらいなきがするw具体的に言えばビジネスコンテストだと規定に書いてないのにNPOはだめとかってのがあった。そのほかにも審査員自体の嗜好とか、まあこれはいいんだけど審査員が常識知らずが故に既存のものが入賞したりとか結構あるのです。

要は賞なんてのは水物だからいちいち結果に反応しないこと。賞が取れたら喜んで、だめだったら運が悪かった程度に考えたほうがよいと思う。

肝心なのはコンテストに作品を提出する課程でどれだけがんばったかでしょう。それ自体が自分にとって勉強になるし社会を知ることができたり自分の人生の大きな一歩になり得るしね。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。