プロフィール

flatol

  • Author:flatol
  • 電子はいいよ!やつらはあんまり裏切らないよ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSoC Express と PSoC Designer

CypressはやっぱりExpressを押してるよね。

にしても、大口顧客に成り得る会社がExpressを使いたがるとはあんまり思えないよね。誰でも使えて、時間が短縮できるって言うけどどんなに完成度が上がってもあくまでGUIでできる範囲って訳だし。

まえにAgilentVEEで開発したことがあったけど正直ここまで複雑なプログラムをGUIでやる意味がわからんって状態だった。つまり、普通にエンジニアならDesigner以外選択しないだろ。っていうこと。それにこんだけブラックボックス化した部分は誰がサポートするんだこの野郎ってかんじ?Expressを習うくらいならCを並んだ方がはやいんじゃなにのかな。

ただ、やっぱりDesignerのネックははじめの配線画面。もし、ExpressのドライバみたいにUMを選択して、これまたexpressのIO選択みたいにチップの画面上でこの信号はここみたいにせんたくできるようになったら 使い道はあがる気がする。両方のいいとこ取りはしたほうがいいよね。

あとユーザーモジュールのデフォルトパラメータも何とかしてほしい。一番使うパラメータがトップに来ててほしい。たとえば、Clocksyncとか。あとI2Cのモジュールだったと思うけど一部の27xに問題があるからチップ選択しないといけないんだが標準選択がその一部の27だったり。
プログラマーにセンス(プログラミングそのものじゃなくて本当にセンス)がないとしか思えない・・・

スポンサーサイト

WirelessUSBチャンネルについて

国際的に許可を取っているのが83チャンネルまでの2.400-2.483GHz
で、とってないけど設定できちゃうのが2.484-2.498GHzということらしい。ただいま実験中。確認する方法がないわけだが。

TEXからJpegつきでPDFに

罠に二回もはめられた・・・

まず、Jpegを貼り付ける場合はBounding Boxを作るわけだがdviout以下のCreateBBと同じフォルダにSusieプラグインがないと変換が出来ない。

BoundingBoxがあってもWinの環境では拡張子がJPGだと違うファイルと見なされているらしくbbがあってもエラーになる。

ただ、この二つにさえ気がついていればなんとかなる。正直いちいちepsに変換とかおもしろくないことやってられん。ファイルサイズも馬鹿みたいにでかくなるし。その割にこの辺のドキュメントが少なかったのは意外だ。

\usepackage[dvipdfm]{color}
\usepackage[dvipdfm,bookmarks=true,bookmarksnumbered=true,bookmarkstype=toc]{hyperref}
\usepackage[dvipdfm]{graphicx}

毎週2,3人は見に来るよ。この研究室。

K研にいたときはせいぜい来てもOBだったりとかだったのが全然違う。

さて、問題は人が来るたびに「Akihiro 説明しなさい。」っていわれる事だ。ハードがでバッキング中で動いていないときは最悪だった。しどろもどろに英語で説明しないといけないし。

で、ついこの前の書き込み速度が上がったおかげで固定ファームを用意しておけば割と直ぐにスタンバイ出来るようになった。だから、教授が別に人と一緒に研究室に来たときは即ダウンロード。いわれたら、待ってましたと動かせばほぼ終了。楽になるってすばらしい!

MSP430っていう鬼門

こっちにきてからいろいろ裏切ってMSP430とか使ってるわけですが、書き込みがどうにもこうにも遅い。たったの20kBとかそこらなのプログラムなのに4,5分かけてプログラムが終わる。しかも、eraseもresetもwriteコマンドも全部手動。

さすがにいやになってきたので書き込みの高速化の記事を探してたらWin用の書き込みGUI
が見つかったので早速トライ。MSPFETとやら。あれ、10秒くらいで終わったんだけど。おい、どういうことだ!!!

今までの無駄な時間を返せ・・・

TEX+祝鳥メモ

でglossaryを使用したい場合はtex->dviの設定のなかのmakeindexのオプションで
-f -s (istフィル名) -o (親ファイル名).gls (親ファイル名).glo
を加えるといいことがある。

とくに自由応募の場合には、競争が激しいので 一般的に不利です

だから推薦使いなさい。

さて、どこのフレーズでしょう。E科の人にはわかるはずw

なにが不利か言ってもらおうじゃないですか。

正直、こんな何十年前のフレーズ掲げるなんてやっぱり教授陣とかは社会に出てないんだなって感じてしまう。推薦で行くなんて考えられない。推薦で行くくらいなら一年ニートした方がよっぽど良い経験できるぞ。きっと。社会的評価は下がるけどね。

にしても、こんなことが書いてあるなんて思わなかったよ。ありえないだろ。就活するぐらいなら研究してくださいって感じなのかな。自由で応募するから圧倒的にプラスになることはいくらでもあるはずだ。実際中の人にふれるには自由で応募して直接話すしかないわけだし。一部の会社は社長とも直接話が出来るしな。たしかwillcomとかもそうだった。

人生の岐路を決める部分で推薦一発でしたとか信じられん・・・
こういうこと言ってると、ごく一部のうまく推薦使ってる奴らにおこられるんだけどなw



知らなければよかった。

本当に知らなければよかった。
まじで涙が出てくる。しかも日本人8年前に同じ事してたのかよ・・・

知らなければよかった研究

アデレードで最大の山に自転車で登る

ホームステイ先のダディといっしょに行ってきました。普通に山道自転車で・・・日本みたいに舗装されてる道路もあるけど、それはあえて無視してラズベリーによって浸食されまくってる山道をw

IMG_0895 (Large)


そうそう、オーストラリアにはどこにでもバーベキューゾーンがありすぎるんだよね。ありすぎるんだよ。なんでこんな山頂にまであるんだ。
おかしいだろ。

IMG_0879 (Large)


おかしいだろ。

IMG_0880 (Large)

理系の研究室ってだいたいこんなもんだよね

三回も聞き返してしまいました。

「彼は一月でこの研究から離れるから。」
え??

「彼は一月で終わりだから」

え???

「1月30日でこのプロジェクトから外れるの。」

はああ?

一人でやれってことですか?ってか、まだ加工機の厳密な使い方も、CでやるOpenGL(なぜかC#Wrapperかむとできるぜ。)も全然知らないんですけど。そもそもソースコードももらってないんですけど。やってたのはロボットのアルゴリズムくんでただけなんですけど。

とはいえ今までの研究室がく○だったのにくらべれば充実していると言え・・・げふんげふん。

Nattou Power

Almost not japanese dislike & harf of japanese dislike
とちゃんと言った上でたべさせました。

いや~期待通りの反応だった。
その場でコーラを飲み出す人とかいたしなw
あとは、やんわりとたまには良いけど普段からは食べたくないよね。とか。
意外にも2人ほど拒否反応を示さなかった人もいて普通にびっくりだった。

帯域が足りない

トラフィックが増えてると怒られました。さあ、犯人は誰でしょう。まさか、30GB/月ぐらいで起こらないよね?というわけで控えます・・・

気がついたら正式に解雇されてました

どうやら一月から普通の人に戻っていたようです。これからは、普通の学生生活がんばろう!

アデレードで最大の川

IMG_0537 (Large)


はい、これで最大ね。
地元の新形川よりも細いんじゃないのかな。

ためしに家の近くにある川を自転車で上ってみたら、水が途中でなくなったよ。いや~乾いてるね。

Canon PowerShot TX1 レビュー

まず悪いと言われているところから、言い訳しながらあとのいいところでそれをふっとばしますw

スミアの件:これは確かにXactiがんばってるかも。TX2では、きっともう少しましになると期待。とはいえ、動画でなければスミアは出ないし、実際そんなに困ってない。

暗所性能:
室内とか多少薄暗いレベルなら普通にとれますよ。ノイズはありますが、それを気にする人は大きいのを買ってください(つまり、レンズがでかければCCDに供給できる光量が増えて安定した出力が出来ますよってことです。Xcacti1000は解像度落としてレンズもでかいですよね。動画専用機は基本的に解像度が低いのは光量を十分に確保するためです。)。それが唯一の解決方法ですね。この価格帯に暗所性能を期待してはいけないでしょう。このへんは特に問題ないできになっているでしょう。

ついでに愚痴を書きますが、最近の携帯電話のピクセルサイズだけ上げていくアレが許せませんwもともと多くは期待してませんが、どんどんノイジーな画像しかとれなくなっていく。消費者がそれを画質の目安にしてしまうので仕方ないのはわかるのですが

筐体デザイン:
これをかっこわるいって言うなんて・・・他のセンスのないデジカメとくらべてみやがれこのやろう。電源ONのときのあのカショッって音を一度でもきいてみやがれ。ふるえがくるほどスマートだぞ。

画面が狭い:
なれればいいんだよ。目が悪い人は使っちゃいけないんだよ。

操作性が悪い:
確かに十時キーの部分の操作が難しい。メニュー階層も一段だけ深すぎ。でも慣れが解決してくれるのだ。それでも、シャッターの位置は間違ってないと思うし、動画撮影ボタンがシャッターとは独立しているのもよい点だと思われる。

データ容量の大食い:え、だって8GBで6000円ぐらいじゃん。->今やもっと値段が下がりましたね。

バッテリー持ち:バッテリーって三つ携帯するものだよね?->二つあれば十分でした。

いいところ
コンパクトデジカメであること:
IXY初代と同じ大きさというのは伊達じゃない。そしてPowerShotの名前を冠しているにもかかわらずというのが大切だ。

10倍ズーム:
この大きさで10倍というのは、コンデジの常識破りだろう。この特殊なレンズ配置のおかげなのだろうが。

光学式手ブレ補正:
とても大切。5倍以上ズームしようとしたときに手ぶれがないのはあり得ない。実際の動作も良好。動画撮影時にも気持ち悪いブレが減って助かる。頼むからCASIOの新しい一眼にもついててほしかった。=>CMOSシフトがばっちりついてましたね。

ステレオ録音:
普通のコンデジはたいがいサポートしていない。動画機能も考慮しているだけのことがある。

質感:
持っているのがうれしくなってくる。昔初めて買ったPDA、Cassiopeia-A51を思い起こすような重厚な感触だ。

AF:設定にもよるが比較的良好だと思う。コンデジにしては速いほうだし、たいがい意図したフォーカスになる。(マクロ除く)

撮影中ズーム:
とても静かにズームしてくれるので、動画に入る雑音がそんなでもない。レンズシフトにマイクロモーター(おそらくステッパーモーター)を複数使用して稼働させているおかげだろう。

あらゆるマニュアル操作:
かなりいろんな事が出来る。というか、いじれない部分はない。これは嘘です。調子に乗って書きすぎました。とはいえ今までいじってきたコンデジと比べるとへ~ここまでできるんだっていう部分が多いです。マニュアルでもかなりいじれるっていうことで。

DIGICⅢによる静止画 :
何がすばらしいかって言うとですね、以下の写真を見てください。(DIGIC+マニュアル機能のおかげです。)
ちなみに南十字星(Southern Cross)が写ってます。

IMG_0775 (Custom)


というわけで15秒間でたまりまくったはずのノイズに対してのノイズ除去処理がすばらしいことはこの写真が証明してくれました。

ほかにも細かい点として6枚羽根のシャッター構成(例えば夕日をとっても光が四方に発散しないで円形に発散してくれるんですよ)とかマクロは0cmから(普段基板を扱う学生なんですが小さいチップを撮影して、くっきり写るのがとてもたすかる)とかこだわりの機能をみてとれる。

というわけで、全体的にはとても二重丸なできだと思う。コンデジの限界を見た感じだ。このサイズでありながらも、さすがPowerShotの名前をつけられただけのことはある。しかも10倍レンズを積んだPowerShotも他にはあまりない。ある意味この斬新な筐体設計のおかげだろう。12枚のレンズ群すべてを直線でレンズ構成できたというのはなかなかにすごいものがある。(これはきっとカメラのエンジニアのこだわりだったんじゃないのかな。それを突き通すCANONとか好きだw)

ちなみに上の写真は15秒間あけたもので、DIGICⅢパワーで勝手にデジタル処理を書けてくれたものです。これがとれた時点でどれだけ、いろいろなものがとれるのかがわかってくるだろう。動画カメラって宣伝をするよりも普通に高倍率ズーム可能でコンパクトなカメラとして販売していればもっと良かったと思う。
後継機種にも期待です。

やたら、この記事へのアクセスが”レビュー TX1”とかでgoogleから飛んでくるのでさらに半年使った感想を追記しておきます。(2008/6/8)


価格.comを見るとだいぶ値段が下がっているのでいま、とても売れているのではないかと思います。私が買ったときはXactiのHD-2が下がりきって上がってしまったので、たまたまJoshinのアウトレットで見つけたこいつをかってしまいました。当時は三万ジャストでしたね。私のコンデジ歴は基本的にCASIOがメイン(最近のはZ-50)だったのでそれと比較すると、ぱっと見た感じ黒の発色が良い、オートで十分に白飛びを押さえてくれる、全体的にシャープな写真という印象でした。

まあ、これを買う人はそんなことよりも動画と写真をそこそことれると言うことを期待してると思います。まず、この形状が写真を撮るのは不利ではないかということについて、全然そんなことはありません。ボタン配置が通常のシャッターに近き場所にあるため特に違和感なく使えます。機械が出来ない人に渡してもたいがい普通に写真を撮ってくれますね。
動画と写真のとりわけですが、録画ボタンとシャッターが独立しているので、あっこのシーンなら動画が良いかなと思うと躊躇することなく録画ボタンを押せるのが良いです。コンデジは普通Menuから動画モードに切り替えたり一手間あるが故に大事なシーンを逃してしまうこともありますからね。
動画の画質はそれなりといったところでしょうか。MotionJpegであるからすごくきれいかと言われると疑問が残るところです。
AFはたまに馬鹿になりますが、シャッター半押しで解決します。ただ、オートでマクロの認識は難しいようです(たとえマクロとしてチューリップマークを選択していても)。ただ、これはマニュアルの0cmからマクロを使用すると解決します。これさえ知っていれば実害はないでしょう。
結局の所、この価格帯で考えればこの製品はコンデジとしてもカメラとしても十分な画質及び利便性を持っている思います。同価格帯で考えればコンデジとしてはトップクラス、カメラとしては暗所性能及びメモリ大食いを除いて普通に使えるレベルといえるでしょう。同様のコンセプトで有名な某機種はオートでの写真撮影がだいぶヒドイ有様らしいので、ビデオメインでの購入でない限りはTX1がBetterといえるんではにでしょうか。

後は問題点ですね。やはりバッテリーが最大の問題です。感覚的には大してとっていないつもりなのに気がついたらなくなってしまったりします。この機種はセカンドバッテリーが必須でしょう。現在私はサードバッテリーまではもっていますが、写真は質より数だという考え方なので特定のイベントで(たとえばバーベキューとか=2時間くらい)動画も混ぜつつ100枚以上とることはザラにもかかわらずセカンドまでしか必要とした記憶がないので二つあれば十分でしょう。
赤目発生はとてつもなくヒドイです赤目軽減設定も全く役に立たないです。フラッシュとレンズが近すぎですし・・・後で処理するにも限界があるのでとても困っています。こればっかりは一般的な対処療法をとるしかないです。
細かい点ですがこのカメラは、三脚に装着するとものすごく後ろ側に重心がかかります。大きい物なら問題ないと思いますがMiniの三脚を使う場合は注意が必要です。

まあ、私が持っている中で役に立つ情報はこんな所でしょうか。実は、買って直ぐにオーストラリアにきてしまったのでずっとこっちで使ってます。気軽にポケットつっこめるので様々なイベントで活躍してくれています。コンデジはこういう気軽さが良いですね。同様に動画撮影も気軽に出来るので私のPictureフォルダはたった半年で10GB越えになるほど使ってます。とりあえず一ユーザーとして友達にもお勧めできる製品であることは確かです。


マッチ箱プロジェクター

3Mから発売されるそうで、今年はまたディスプレイばっかり買う年に成る予感。
マッチ箱VGAプロジェクター

あとmyvuの新しいHMDも気になる
myvu Home

そして今年は確実に30インチディスプレイを一台以上買う。

記事を書く

某雑誌の記事ですが、今日やっとこさ仮バージョンが出来ました。これから、向こうの編集にたたかれて、書き換えたくさんするんでしょう。あうあう・・・

留学はとても大切だ!!!

ついに

ついに

ついに

留学の大師匠M裏さんが言ってたことがわかってきた。英語は突然わかる日が来る。
なんか、昨日あたりからおかしいなあと思ってたら、普通のスピードでしゃべってる人の会話が7割ぐらい聞き取れてる。意味がちゃんとわかってる。いま、一緒に研究してるパートナーは死ぬほど早口でしゃべるのに5割は聞き取れてる。はじめの1割だった頃に比べれば偉い違いだ。

いや、まだ全然しゃべれないんだけどね・・・

今度こそ書くぞ。スキーとかいってんじゃねえ!こっちは水上だ!

え~なんか前書いたら本文だけ消えてたみたいな悲惨な状況だったわけですが・・
みんなスキーとかボードとかめっさうらやましいじゃないですか。

どうせこっちは夏ですよ。海で泳いだり、山に登ったりしかできませんよ~ってわけでもなく川で水上スキーとか水上ボードとか出来るんだな。これが。

正直、水上って名前がついただけでレベルが跳ね上がる感が否めない。そもそも、水中スタンバイから水上に立つって言う動作に無理がある。実際、ボートに引っ張られて水の抵抗をもろに受けながらつかみ続けなければいけない腕は二日間使い物にならなくなった。ただ、水上に出ると楽しい。何たって、終わりがいつまでもない。そして速い。そして、水しぶきがきもちいい!ちなみに水上は雪上と同じ感じ。普通のスキーが出来る人はスキーは出来るだろうし、ボードが出来る人はボードが出来るだろう。両方やったけど両方とも楽しかった。

IMG_0725 (Large)


さすがに水上の写真はこわくてカメラ持って行けなかった。

USB-RGBかUSB-DVIを使ってる人たちへ

Aeroに対応するとかって去年言ってたくせに対応しなかったなんて記憶がきっとあるはずですが、実際チップメーカーの方ではとっくに対応版Driverがリリースされています。詳細はDisplayLinkで適当にぐぐって。

どうさは軽くなった気がする。気がするだけ。Vosta環境は持ってきてないのでAeroは確認してないです。

ブログをフォルダ分けしたい・・・

カテゴリつけて分ければいいんだけど・・・
一つのブログを書いているんだけど特定カテゴリ指定のRss配信が出来てそこからリンクすると、その分野だけが見えるって仕様になると訳わからない情報とかまで見に行かなくてすむよね。

そういえば年越したんだった

こっちの年越しは本気で
「Happy New year」
ってかんじ。いろんな人が一つの家に集まってきて夜九時くらいから酒を飲んでだらだらして、カウントダウンして花火あげて、クラッカーならしてケーキを食べてってふうに。

個人的には日本の神社に行って甘酒を飲むっておごそかな?スタイルが好きだけど・・・こっちのほうがHappyってかんじがよくわかるよね。

HID ClassなのにBulk転送

が設定できたよ。このやろう。
当然動くわけがない。

結局HIDドライバを使って1ms周期で64byteをインタラプト転送させたら512KbpsがFullで出ました。10秒間はかって計算した実測値です。

今度は本気のbulk転送だけど・・・そこまでやってる暇はないのでとりあえずこれで研究用に使おうかな。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。