プロフィール

flatol

  • Author:flatol
  • 電子はいいよ!やつらはあんまり裏切らないよ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【研究】MeanShiftによるトラッキング

meanshift.jpg


色相で判断して画像中のオブジェクトを追跡する方法がmeanshftなんだけど、アルゴリズム的には割と気楽に作れる方で、CPU負荷はそこそこ高いと評判。が、それでも15%前後で元気にトラッキングしてくれたのでもうこれでも良いかと思ってしまうw
当然三次元には対応できないのだが(方向によって形状が変わったりするものなので)実は今回のにはハードで補える仕掛けがあるので、潔く捨てても良いかと思ってしまう。とりあえずLKトラッカーを次は試してみる。
スポンサーサイト

【オーストラリア】

日本語の本を読んでたら、数式が英語式なのを指摘され、日本語の数式ってないのってきかれたw
あげくのはてに、はじめ言ってる意味が分からなかったのでまごついてたら、日本語で書くとページ食い過ぎるのかっていうはなしになったw

そういえば日本の数式ってなんなんだろうな?そもそもあるのかな?

【研究】研究計画を出さないといけないらしい

というわけで、これから先とこれまでのことを考えて書かないといけないらしい。

【一年次】
オーストラリアの研究室で研究の基礎を学ぶとともに、そこの研究室のプロジェクトのお手伝い。お手伝いだけど、あまりになにもすすんでなかったので基幹システムほとんど一人で完成させた。もともとあったのはハードだけ。

【二年次】
一年次で学んだこの歪んだ世界の背景をもとに、自分なりに足りてないと思われる部分にてこ入れする研究を開始。4月から6月中旬までが開発期間。その後User Studyを7月中旬(一ヶ月間)まで行う。それ以降はお金があれば学会にいくしなければ誰かに泣きついてみる。8月以降は何も出来ないのでひたすら修士論文を書く。

まあ、こんな感じか。昨日研究費の話したら、おおむね一円も出せないといってきた。一万円すら出せない研究室とかに所属してしまった、自分が悔しい。そしてやっぱり、旅費が出ないことを当然だ!の様に言ってきたよ。ついでに、今年は学生にも「少し」負担してもらったっていってたけど、俺は全部負担させたって事をしっているよ。

どっかべつの研究室行きたい・・・

【研究】負の連鎖のドキュメント作り

1.ドキュメントを書き出す
2.Wordの使いづらさに切れてあきる
3.仕方ないから研究の続きをする
4.一区切りついたのでドキュメントを書き出す。しかも研究進んだので書くことが増える。
5.以下繰り返し

Texさえ使わせてくれれば・・・!

いつの間にか書かないといけないことが貯まりまくってる・・・この研究はやっていないことにしてしまおうか。

【日常と研究】学会ってナンデスカ?

そういえば学会にいってないや。
評判悪いらしいね。象牙の塔とか言われてるし。行く意味あるのかなとも思う。行った人の感想はだいたい飲み会楽しかったとか意味ないこといってるし。

で、うちの大学は修士の間に一回は行かないといけないんだけど金がもらえないのに(むしろはらってまで)研究して、あげくのはてに金ももらえないのにドキュメント書いて、しかも自費で旅費を払って学会に行かないといけないとかマジで日本の大学どうかしてる。

そんなことならアプリケーションノートでも書いて、お金もらった方がよっぽど幸せだ。というわけで、学会に行かなくても良くなる方法を考えたいが無理なんだろう。旅費が出るなら行く気がするんだけどな。

うちのじいちゃんついに旅費出さない実績が定着しだした上に、自分を肯定化してるから困る。他の研究室にも旅費出してないところがあるって言うんだよ。でもな、そういう研究室はその分研究費くれてたり、旅費補助システムに入るように最初からいろいろ用意されてるし、そもそもお金ないところは申し訳なさそうに、たまに飯おごってくれてるし、てめえみたいに金がないって威張ってるんじゃないんだよ。しかも、かってに海外出張とかで金使うんじゃねえよ。研究してない留学生に金払って海外で本人やっても以内研究を学会発表とかするんじゃねえ!あ~いらいらしてきた。

そうそう、もう一つ悪事を思い出した。たまにくるOBがビール券とか持ってきてくれるんだよね。で、問題はその使い方で学生が研究室の雑用をしたとする。そしてビール券がその給料・・・
OBがいったい何のつもりで持ってきたかわかってないというか人格疑うよ、まじで。


個人的な恨みをまた書くが(さらに追加された)、人をただ働きさせてそっからもらったお金(40万)を全額巻き上げた上に、研究費を10万しか要求してないのに拒絶し、あげくのはてに学会に行くならオーストラリアで行ってきてねみたいなことをいい、日本でやるならこの学会なと全然分野の違う学会を進めた教授のことは一生恨むと思う。いや、もうあきれて何も言えないのが実情だが・・・



あ、本当に言いたいのはそこじゃなかった。こっちの学生のプロジェクト管理能力に尊敬した。ちゃんとドキュメント書く時間と開発する時間が前もって設定されていて、しっかりと納期通りにやっていく。ちなみに、教授が管理してるわけじゃなくて個人が自分で管理してる。俺が日本で見た学生なんて、てきと~に研究しだして適当に締め切りが来たら論文書いて、あげく教授もそののりで研究指導してるからどうしようもねえなあとおもってた(自分も含めて)。これが、ちゃんとした研究室なんだな。本当にここに来て良かったと思うよ。

【日常】髭があらぬ方向に生えていた

口のはしっこあたりにニキビみたいなのができて、一週間ぐらい治らなかった。しかもわりと広範囲に発生してたので結構痛いし、見た目も気持ち悪かった。で、やっと落ち着いて来て、つぶして皮膚の中を見てみたら、一本の線がある。ピンセットで引っ張る。なげえ・・・髭が2cmくらいあって皮膚に対して平行にたぶん真皮と表皮の間に伸びていた。これのおかげで腫れてなかなか治らなかったのだろう。

PSoC Designer5.0 beta

五分使った感想

interconnect view が見やすい
タブ形式になってる!
UMが見つからない->再起動してチップ変えたら出てきた。
なんとUMが直接ドラッグでブロック上に配置できる!!!
UMのデフォルト値はなし。かわってない。
workspaceをツリー形式で表示してくれるのがまたすばらしい。わかりやすい。
UMがWorkSpaceViewに羅列されてるからそこから右クリックでDatasheetが呼べる!
念願のデータシートコピペサポート!
Generate/Buildのショートカットが出来た
エディタで日本語表示出来るようになった

なんていうかサイプレスっぽくない。期待を裏切らない改善だ!
ってか、五分でこれだけいろいろみれるほど変わってる。すげ~よ。betaじゃなくなったら直ぐ乗り換えてやるぜ。

【雑感】不健全きわまりない

不健全だと思う瞬間
・あ、開発がまともにすすんでる
・締め切り前なのに、なにもすることがない
・暗くなったら寝てる

最近ずっとこんな感じだ。いや、レポートは俺のせいだけじゃなくていろいろな外圧によって延長せざるを得ない状況にさせられているが、それ以外がいたって不健全だ。

こんな事では新しいことが考えられなくなる。日本に戻ったらとりあえず生活を乱すことから始めようとおもう。

【研究】楽をしたいんだ!

楽をしたいがためにC#をえらんだんだ。wrapper使えばOpenGLだってOpenCVだってつかえる。
GL上のテクスチャにOpenCVでとったカメラ画像貼り付けたって高速に動く・・・あれ、CPU負荷が50%越えてる??

ちなみにマシンはT2400積んでるので1.8x2コアですよ。グラボもATix1300ですよ。おかしいな・・・

健康診断にいけないんだけど・・・

大学の健康診断らしいですな

で、いけないんだけど。どうすればいいん?
今まで一回もさぼってないから許してくれないかな。誰かさぼったことのある人教えて!

【生産物】前回は自慢しなかったが・・・

こんどはトップページに載った!!!
前回のはいろいろ反省するところがあったが、今回は良くできた。





嘘ついた。編集の人ががんばってくれたっぽい。二ヶ月まとめて原稿出してるのでこっちでクオリティの調整は出来ないからな。
まだ、本誌が届いてないのでわからないけど、webみたかんじだとかなりトラギっぽくなっている。うんよかったよかった。

トランジスタ技術

【雑感】ドクターに進学したくない10の理由

1.教授が信用できない
2.教授みたいな破綻した人間になりたくない
3.教授の奴隷になるのが目に見えている
4.こんな教授の下で成果出してわざわざ業績を与えたくない
5.就職先がなくなる恐れがある
6.社会にでないとどういう人間になれるかわかってしまった

あとは募集中。

思ったんだが、ドクターが企業からいやがられるってのは専門性が強すぎるっていう問題をよく指摘されてるけど、実はそのひねくりまがってしまった人間が多いということを知っていることに起因してるんじゃないかと思う。

早速7番が匿名希望の人から来た

7.産業・社会経済と乖離したアカデミックの感覚に染まるのが嫌

専門性に固執しすぎといわれるのはわりと既知の事実なので省略~

【日本の研究室】あまりにひどかったのでぐちをいってみる

こっちにいるので英語でレポートすることになるわけですが、80%以上の英語をこっちの教授にチェックしてもらって送ってみました。

そしたら、こんな答えが返ってきました、

しかし、内容はともかく英語が全くなってないので、少し遅れてもいいですから
きちんと修正してまた送ってください。 このままでは、あとで困ると思います。

え・・・
え・・・・
え・・・・・
いや、あなたが英語勉強し直してください。

【研究】ロボットのショートテストボードをつくっった

こんなかんじ。
Short_Test_Board.jpg


Shor_TEST_PCB (Large)


ショートしてるピンが分かる。ただそれだけ。でもこれがないとどんだけ不幸なのかは分かる人は分かってくれるはず。そして、わかるひとにはこのロボットの設計手法の驚異も分かるはず。はじめ見たときはまじか?とおもった。

USBコネクタ周りが不幸になってるのはLibraryそのまま使ったらピン番号逆にふられてたため。部品点数が異様に少ないのはPSoCのおかげ。これやるときはPullDown抵抗が必要だけど全部省略できた。ジャンプワイヤーでつながってるところが仮装ショート。一度に何PINつながっていようと検知しますよ。いや、2PIN以上つながってほしくないけど。

天空の城ラピュタの英語版を見た

こっちではlaputaってつかない。単純にcastle in the skyだ。理由はググるとわかる。

やたら日本アニメと漫画をもってる友達に借りた。何で持ってるかは全くよく分からないが日本が誇る文化としてアニメと漫画というのは間違いないと言うことはよく分かった。

んで当然、英語字幕で見てみた。
肝心の内容なんだがひどい・・・
ディズニーの翻訳らしいんだがこれはしゃべりすぎだろう。日本語版の二倍近くみんなしゃべってる。口が見えないシーンはほぼ間違いなくしゃべりになってる。

理由もあるらしく、そもそもこれの前にも吹き替え板が出たのだがそのときに無音が多すぎて子供が飽きるという批評だったそうだ。が、説明口調の台詞ほどうっとうしいものはない・・・しかも、音楽まで追加されている。原作では風の音だけだったシーンは音楽だらけだ。緊迫感もくそもまったくない。

極めつけは最後のシータが「土から離れては生きられないのよ」というシーンが「without love」になっていた。そ・れ・は意味が違いすぎるだろう!

一転、日本語音声英語字幕はちゃんと翻訳されてた。上の部分もwithout earthだったのでありな翻訳なんだろう。吹き替えとかマジで信じられない・・・

サマータイムが終わった

みんなどうするのかなあと思ってたら普通に1時間シフトして生活しだした。

サマータイムになれてないおいらはそんなこと出来るわけもなく、普通に早く寝て普通に1時間早く学校に来て普通にいつもの時間(サマータイムじゃない時間)に帰る生活になってる。そのうちなれるんだろう。

Altium Designerなんて信じない

とうかライブラリなんて信じない!
ピン番号逆じゃん!!!

研究室BBQ

だいたい月1でやるバーベキュー。
ミーティングも兼ねてるけどたいてい食べるだけだ。

IMG_1317 (Large)


研究室のメンバーのうち、学部生とインターン組。一部卒業済み。

IMG_1328 (Large)


やっぱりこのバーベキューセンターが大学にあるっていうのがすごいな。

そういえば教授に何で日本人はごはんの写真をとりたがるのかときかれた。そんなことをしたのはきっと稲○先生だろうw たしかによくわからないので、きっと日本食と違うからめずらしかったんですよ。ってことにしておいた。そういえば姉貴もホテルの食事とか写真でとるな、実際、俺にもよく分からない。 

日本の大学なんてくそだ

と思ったことが今日あった。
ロボット一台250$支払われる。
というか、プロジェクトに従事したらたいてい金もらえる。

なんだそれは~~~

日本の教授なんて学生を奴隷としかおもってねえよ。ちくしょう。っていってしまったw
あ~あ~なんかいろいろやる気がなくなってきた、そりゃ、日本の大学生のやる気が低いのも自分でやってこうとするやつがほとんどいないのも納得できるわ~(というか逆が納得できるってことだな。)

doubleとfloat型

最近のPCだとfloatで計算するよりdoubleで計算した方が早いはず。
で、PSoCはと思ってCのマニュアル読んだら、なんてことはないdouble=floatだった。

確かに8bit MCUで64bit扱うとかナンセンスだな。

ミーティング

う~ん、すばらしい響きだ。
日本の研究室では一回もなかった。
それに、こっちの研究室では口答えしても大丈夫だ。だって、そういうカルチャーだしw

今日は、マーカーARかトラックポイントARかで少しだけもめた。どうやら、マーカーでとりあえずごまかそうとかってのが、本心らしい。最後に大変だけどがんばってっていわれた。まあ、がんばるさ~

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。