プロフィール

flatol

  • Author:flatol
  • 電子はいいよ!やつらはあんまり裏切らないよ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学長に交渉

このままだと大学が腐っていくので学長に改善方法をあげてみた。

返ってきたのはこれ

ご意見ありがとうございます。
大学というところはとても慣性が大きく意識改革も
容易ではありません。おっしゃっていることは十分に
理解できますので、頭に留めさせていだたきます。

理解したのなら少しでも動きませんかね?
これって、「君の意見は却下します。」だよな。
二年前はこの人もまだ使える人だったのに、何が彼を
腐らせたのだろうか?
学長になるとくだらないしがらみが一段と増えたのかね。

ま、ここで引いたら負けなので再アタック!

反響あるので送ったメールも続きにおいときますw 突然のメールで恐縮ですが、以前メカトロニクス応用の講義の際に
今後の大学運営について意見があればとのことに関してメールさせていただきました。

私が企業の方と話をさせていただいてる折に、また就職活動を
している際に思い知らされたことですが、
「学部レベルで学ぶの勉強は企業に入った時にほとんど役に立たない」
と言うことです。

それに対して以前、実践プログラミングの講義をしていただいてるMicrosoft株式会社の
田中様と議論してました。そこで出た結論としては特色ある大学として産学連携を
学生レベルまで落とし込んで実践力のあるサイエンスだけでなくエンジニアとして
の素養を持った学部生を育てるシステムを作るべきではないかと考えました。

産学連携というものが促進されるようになって久しいですが、研究室レベルでは確かに
うまくいきつつあるかもしれません。しかし、学生はどこに企業が入っているのか
まるで分からない状態です。また、学部生レベルではどうしても座学にが先行してしまい
残念ながらサイエンスの学生しか育っていないのが現状ではないかと思います。

企業がほしがっているのはサイエンスではなくエンジニアです。もちろんサイエンス
を否定するわけではないですがエンジニアとしての考え方をもっと多く
教育すべきではないかと思います。

それに当たって考えられる方法としてはまず企業から講師を呼び、より実際の業務から
みた実践的な知識を教える講義をもうけると言うことになります。
ご存じだとは思いますが実際、アメリカなどの大学では一般的だそうです。
企業側にとってメリットを見いだしにくいというのが難点かとは思いますが大手の企業では
人が余っているという状態も結構あるようですのでそこは交渉次第だと思います。

また、実際に電気通信大学で行われている「ベンチャービジネス概論及び特論」は
特定の学科のみに公開されると言うことになっていますが、
ぜひ全学的な公開をすべきだと思います。実際にベンチャー企業を起こしている方
が講義をしてくださるだけでなく、経営的な観点、経済的な観点、特許という技術に
直結するものまで様々な実践的な内容も盛り込まれています。
さらに、学生が積極的にアプローチすればベンチャー企業の社長の方々も直接支援して
くれるなどまさに社会とつながった講義で、非常によい講義だと思います。

さらに、「メカトロニクス応用」という講義ですが、研究室配属前に研究及び開発の
プロセスを規模は小さいながらも実践しようという思想で作られたものだそうで
私はその設計思想に非常に共感させられました。全学科でこれに相当するような講義が
あればすばらしいと思います。

そのような、他大学には出来ないような基板を作った上で宣伝そのものに
力を入れていけば学生を集めていくことが可能になるのではないかと思います。

最後になりますが、我々学生の多くが大学で何を得ようとしているのかというと、
社会に出たときにわずかにある「チャンス」を掴もうとしているのです。今のまま
では、どの大学にもいえることですがチャンスをつかみ損ねる人間ばかり生産されている
様な気がしてなりません。理想のみならず、現実を知らしめるということが今の学生に
対して必要なことではないかと思います。

長文になり申し訳ありませが、宜しく御願い致します。
スポンサーサイト

<< 真実はこれだったのか? | ホーム | ソフトウェア手ぶれ補正 >>


コメント

すてき!!

学長に直々に意見を言ったflatolを尊敬する!
でも、確かにその答えはありえないね。
頭に留めておくだけなのかー(>_<)
再アタックがんば!!

あの学長はクソだよ
性格が自分に似てるから良くわかる

俺も前とある報告会で学長に意見を言う機会があったので結構言ってみた。
でも全くだめだめよ。
いち学生の意見なんて聞く耳もたんな

組織とは保身のためにあるのだね。
生半可なエネルギーじゃ跳ね返されちゃうけど、応援してるよ。

これぞ


ボトムアップの極みだね^^

まぁ、使える使えないの表現は
いかがだと思うけど、
ウチもこのままじゃホントにやばいしな♪
いるウチに、なにかしら遠慮せず
働きかけていきたいよね。

ほとんど味方につかないとは思うが、将来性の関係ない教師陣ををつついてぜひ一揆を強行する方向で・・・若干進行中。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。