プロフィール

flatol

  • Author:flatol
  • 電子はいいよ!やつらはあんまり裏切らないよ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究課題を自分で考えると言うこと

なによりもかかるのが情報のリサーチ。所詮大学生レベルの人間が考えることはどこかでやってしまってるわけで、絶対この世にないようなプロジェクトなら現実味が薄れてしまう。

何が言いたいかというと、たまには誰かからもらったプロジェクトをやりたいなっと。いや、奴隷はいやですよ?でもマスター卒業するにはある程度その道を理解している人のアドバイスが必須だよね。それをしてくれるならちょっとだけ奴隷になってもいいかなっと。学部みたいに適当にやってゆるされなそうだし。

うちの講座は電子工学科(学内)でも一位を争う危険な人材がたくさんいるし。この前なんか、実験内容ふれる前に「その研究はいかに意味がないか」で質問時間が終わるほどの最低な現象が起きたしね。しかも、正当な反論で返したいるのにそれを完全無視という楽しさだったらしい。あ~やだやだ。一年後の中間発表でどうやって俺は言い返そうか。
「じゃあ、おまえの研究の意義を10述べてみやがれ!」っていって、片っ端からつぶせばいいのかな。あ、卒業できなくなるか。
スポンサーサイト

<< 大阪におやつを食べに行く | ホーム | マルチタッチ関連の研究情報まとめ >>


コメント

>この前なんか、実験内容ふれる前に「その研究はいかに意味がないか」で質問時間が終わるほどの最低な現象が起きたしね。しかも、正当な反論で返したいるのにそれを完全無視という楽しさだったらしい。

グランドバロス。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。