プロフィール

flatol

  • Author:flatol
  • 電子はいいよ!やつらはあんまり裏切らないよ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【備忘録】プレゼンとは

さて、今までもいくつかプレゼンの書き方については書いてきたが、ここで自分のためにまたまとめてみる。

重要なことは「相手に伝えること」。まずはじめに相手がどういう人間で、どういう所に興味を持つかというを考えなければならない。相手が研究者であれば、技術的な話しを具体的に書いても良い。とか、分野外の相手がいるならば明確な動機及び目的と、どこまで達成できたのかを示すのが重要なことだろう。

で、今回の場合は専門家もいるけどそれ以外もたくさんってケース。ただ、想定されているプレゼンは提案段階の物を如何にみんなに理解させるかと言うところが重要らしい。つまり、「動機」及び「目的」の部分が重要であり、それに対してどういう軸でどの視点から責めるのかを説明、その後にこれが出来るはずだぜ!ってやる必要があるんだろうな

ここまで詰めて一番忘れちゃいけないのが「気合いで張ったり」。別に嘘をつけと言ってるわけじゃない。でも、出来る可能性のあることを自身をもって断定していいということだ。ってか、自分が断定しなかったら誰が断定してくれるんだよ。それぐらいの勢いでこれが出来る!でしめるのが重要だよね。

まあ、実際理解してもらえるかどうかは本人だけで練習してたらなかなか難しい物があるから、とりあえずベースが出来たら人に見てもらって、分かりづらいと言われた部分を徹底的に直すこと。それによって自分でも明確じゃない部分が見えてくるだろうしね。

こっからはおまけだけど、相手に分からないだろうと思われる内容の部分は実際に説明をする前に簡単に概要を説明すること。特に実験においてなんでその実験をしなければいないかわかんないのに、いきなりこの実験やりました~こんな結果でした~だからこうなりますで、最後に意味が分かるとか解決編になるまで犯人が分かるだけの情報が出ていないくそな推理小説読んでる気分だよな。あと、図はきれいに配置されていて初めて意味をなす。あからさまに入らないのでつっこみましたみたいなのやめてくれ。良いから次のページに回せ。それか、汚くなるくらいならその図を消せ。あとは、よくある話しだけどプレゼンの順序、構成がきっちりと構成されていて初めて人の頭にすんなり入っていく。
スポンサーサイト

<< 【雑感】プレゼンの順序 | ホーム | 【研究】3時間で書いた論文ほめられちった。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。