プロフィール

flatol

  • Author:flatol
  • 電子はいいよ!やつらはあんまり裏切らないよ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑感】推理小説に求めるもの

事件が起こって探偵が推理するのが普通のパターンなわけだけど、すべて暴露してはい終わりって言うのがとても嫌い。

一番好ましいのは探偵役が事件が起こった背景、目的すらも完璧に把握して安直な解決方法を目指さず、推理をしかるべきタイミングでしかるべきことのみ(もしくは嘘含む)を公開することで全体的によい方向に解決するのがよいと思ってる。そのためなら読者にすべてを伝えなくてもよいと思うし、わかった人だけわかってればいいだろ。

というわけで、「これでは誰も幸せになれない」とかなんとかの台詞があったので、そこら辺期待して容疑者の献身Xを見てみた。ネタバレするので詳細まで言わないが、期待はあっさり裏切ってくれた。映画自体としてはがんばってると思うのにトリックとかそのあたりがな~このへんは小説ベースらしいので内容と映画自体の出来は別と考えるべきだろうか。

いずれにせよ、部屋の中でPC前に戦ってる身としては映画館に行くのはよいリフレッシュになったわ~
スポンサーサイト

<< 【机を更新した】ディスプレイを換えた | ホーム | 【設計】まあ、とりあえずこれで >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。