プロフィール

flatol

  • Author:flatol
  • 電子はいいよ!やつらはあんまり裏切らないよ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ、またまとめないと

WindowsCEってバージョン分けが複雑なんだよね。
というわけでメモ。

WindowsCE1.01(H/PC ハンドヘルドPC LAN Driverなし 母艦との通信はシリアルのみ)
初代のOS。当時からCPUはNECのMIPSと日立のsh3にわかれていた。また、クリスタルを変えることでオーバークロックをはかるというとんでもないことをしていたのは後にも先にもこのときだけだ。CASSIOPEIA-A50,51

WindowsCE2.0(H/PC LAN Driver 標準ではないものの後入れが可能) 
PalmSizedPCも存在したが、秋葉で少数販売と日本語版は希少種。というか現物見たことがない。このOSは安定度では極上だった。CASSIOPEIA-A60

WindowsCE2.11(H/PC pro 3.0 Colorに対応。以降LANは標準。DOS形式のConsoleが搭載されていた。あんま使えないけど)この代の機種は非常に多く史上最多のメーカーが参入した。OSは2.0に比べて不安定だった。爆遅という現象が起こる。とはいえ1.01に比べれば・・・。Sigmarion,jorunada680 (PalmSizedPC) 老舗カシオが出す。カラーのPDAでmp3を標準サポート。E-55はモノラルではあったがXaudioを使えば日本では最初のシリコンmp3Player化することが出来た。 E-500,E-55,Presario213)

WindowsCE3.0(H/PC 2000 PocketPC PocketPC2002)
PDAに最も華があった時代。世界最強という異名を認定ギネスブックにまでされたiPaqが誕生する。Windows3代目の法則乗っ取りH/PCはこの代で完全につかえるOSとなった。しかし、PalmSized&PocketPCはいまだ二代目のため非使い仕様を継続してくれた。エクスプローラないと何も出来ないのは私だけでしょうかね。ちなみにPocketPC2002からは使えないエクスプローラが搭載。ちなみにこの代からはOSを独自カスタマイズした機種が出始める。CPUがPocketPCではStrongArmに統合されてしまったためメーカーの特色が出にくくなっていたがこのおかげで多少バリエーションは残った。なんでもかんでもIntelってのはよろしくない。Jorunada720,sigmarion2,CassiopeiaE2000,GenioE,ipaq,l'agenda,GFort)

WindowsCE .NET 4.X
この代は完全に現代に必要なものがOSにつめこまれた。.NET Compact FrameWorkも導入され開発者にとっては統合環境がVSに移行し使いやすくなったのかもしれない。開発者じゃないのでわからんwまた、Sigmarion3という機種が高スペックを引っさげて低価格で販売されてしまったため、最悪の価格破壊が起こる。以降H/PCはOSもでていないが日本では新機種が一切発売されていない。さすがにSigmarion3も古くなってきたのでどこかがんばってほしい。対照的にPocketPC2003は機種も多く(老舗のメーカーは減ったがHPが本気というのとDELLなどの低価格路線が参入)
WindowsCE .NET 5.0がそろそろ出るので型落ち機種待ち中・・・後は一回ぐらいHPの二万円キャンペーンに参加したい。

しかし最近PDAはおちめだ。

がんばれPDA。

そして皆買えPDA!
スポンサーサイト

<< 恐怖のバッテリー | ホーム | パワープレイ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。